一般社団法人 岐阜県手をつなぐ育成会

〒500-8309
岐阜市都通2-2
市民福祉活動センター1F
TEL:058-253-8062
FAX:058-254-9210
電子メール
機関誌「手をつなぐ」「ぜんち共済」

*******************************************

機関誌「手をつなぐ」をお読みください

*******************************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

  ←「手をつなぐ」2021年3月号の特集は
    障害年金の です。

・障害基礎年金は暮らしの礎

・年金が支える生活
 
  親元から離れた暮らしを支てくてた

  ホームレス状態から生活を立て直すために

  年金打ち切りで絶たれた夢

・おしえて!Q&A 年金のキホン

・障害年金のこれまで

・データから見る年金の「傾向と対策」

・申請手続きを終えて

・アンケートから見えてきた障害基礎年金の実態

今月の問題
 コロナ禍で迎える東日本大震災からの10年

ニュースの時間

ことばの浜辺
 調子のバロメーター

各地の動き
 日本初!動物園での「クワイエットアワー」定期実施へ

中央の動き
 障害福祉サービス等報酬改定の概要が示されました

2020年度総目次

ちいきのいいもの 第18回
 
点字ポチ袋

ひびき
 
舞台に出ることでたくさん成長して自信がついた

等、他

  ←「手をつなぐ」2021年2号の特集は
 リモート活用してますか? です。

・「リモート」って、なに?

・イチからわかる基本操作

・リモート、こんな使われ方しています

 家庭の状況に応じた的確なアドバイス

 リモートだからこそできることを

 在宅ワークのための業務切り出しに課題

 オンラインで同窓会をやってみた!
 
 リモートだからこと、つながる

・子どもたちに残せる地域を作るために


今月の問題
 歴史ある法人での虐待事案を憂慮する

ひびき
 性教育は生き方の教育教育

くらしを支える福祉の制度 第8回
 知的障害のある人の住まい その6

ことばの浜辺
 私は私よ

あなたの街の育成会
 
同じ地域で暮らす子どもたちにむけて

中央の動き
 社保審障害者部会と障害者雇用・福祉施策の連携強化検討会の動き

ニュースのじかん

今枝元なほみのしあわせごはん いち、にっ、さん!
 ホクホクのさつまいもでおかずとおやつ

心の声、アートのかたち
 
八巻清治

等、他
  ←「手をつなぐ」2021年1月号の特集は
地域での暮らしを支えるために
     入所施設の
役割 です。

・入所施設に求める機能を考えよう

・「緊急時対応」地域の暮らしをバックアップするために

・「災害時対応」豪雨災害に直面して

・「アセスメント」丁寧に継続的に関わり、見出す

・「人材育成」理解と専門性をもった支援者を育てる

・「発達支援」認めあい、支えあいながら生きていけるように

・「家庭復帰」目標にとらわれず子どもの変化に合わせて

・「新規設置」地域の中の暮らしの場として

・障害のある人の思いを第一に

今月の問題
 「手をつなぐ」からの年賀状

ひびき
 心の問題を抱えた当事者の居場所をつくりたい

今月のオススメ

くらしを支える福祉の制度 第7回
 知的障害のある人の住まい その5

ことばの浜辺
 100年前のことばでつながる

中央の動き
 第101回・102回社会保障審議会障害者部会が開催されました

ニュースの時間

今枝元なほみのしあわせごはん いち、にっ、さん!
 活躍します!豚薄切り肉

ちいきのいいもの 第18回
 
いぶりがっこ

等、他

  ←「手をつなぐ」2020年12号の特集は
 投票、どうしてますか? です。

・投票、どう思う?

・政治とのかかわりをどう考える? 政治に働きかけよう!

・行政だけでなく議会への働きかけも

・各地で広めよう 投票所での配慮

・投票は意思決定であ重要な人権

・体験をとおして選挙と社会を学ぶ

・韓国や台湾での取り組みをヒントに

・障害者こそ政治に強い関心を持ちうる存在


今月の問題
 千葉県袖ケ浦福祉センターの廃止を考える

ひびき
 発達障害がある大人の交流の場を求めて

今月のオススメ

くらしを支える福祉の制度 第6回

 知的障害のある人の住まい その4

ことばの浜辺
 依存と回復の重なり

ニュースのじかん

ちいきのいいもの 第16回
 
便利素材のハム・ソーセージを使って

ニュースの時間

世界の動き
 社会的養護が必要な子どもへの支援が遅れている

ちいきのいいもの 第17回
 
ステンドグラスランプ

今枝元なほみのしあわせごはん いち、にっ、さん!
 おもちをおいしく食べよう

心の声、アートのかたち
 
吉田格也

等、他
  ←「手をつなぐ」2020年11月号の特集は
少しずつ、出かけよう!
  安心して
を楽しむために です。

・コロナ禍での外出を考える

・外出時に気をつけたい6つのポイント

・行ってみました!東京ディズニーリゾート

・外に出よう!楽しもう!コロナ禍の中での外出と余暇

・親の会も頑張ってます!

・2014年1月に愛媛でまってます「思い出観光」訪問先と観光地紹介

家族のかたち

今毎日すったもんだ「第47回」
 仲間が増えたと思ったら

今枝元なほみのしあわせごはん いち、にっ、さん!
 キノコがおいしい季節です

ひびき
 誰も遥のように自分の居場所や仲間を見つけてほしい

今月のオススメ

ニュースの時間

今月の問題
 障害者福祉計画・障害児福祉計画の改定に関わろう!

くらしを支える福祉の制度 第5回
 知的障害のある人の住まい その3

ことばの浜辺
 「苦手」の先回りしていないか

中央の動き
 第100回社会保障審議会障害者部会が開催されました

世界の動き
 新型コロナウイルスへの各国の対応 その1

等、他

  ←「手をつなぐ」2020年10号の特集は
 コロナ禍のなかで
 どんなことに取り組んでいますか?
 です。

・私たちができること、すべきこと

・コロナ禍の中で支えるということ

・コロナと「新しい生活」の中で親として感じること

・コロナ禍の中でのメンタルヘスル

・世界各国の取り組みから

・今後の各種大会等と新型コロナ対策について


今月の問題
 コロナ禍における障害者雇用の現状と課題

ひびき
 すべての人に開かれた寺へ

くらしを支える福祉の制度 第4回

 知的障害のある人の住まい その2

ちいきのいいもの 第16回
 
便利素材のハム・ソーセージを使って

ニュースの時間

等、他
  ←「手をつなぐ」2020年9月号の特集は
一般社団法人化と、
      これからの
展開 です。

・一般社団法人 全国手をつなぐ育成会連合会をよろしくお願します!

・全国に6つのセンター・委員会

・全国に7つのブロック協議会

・いま、どんなことを感じていますか?

・障害のある人たちも暮らしやすい社会のために、なにかできるか

・当たり前に生まれ、暮らしていける社会に

今月の問題
 障害福祉サービス等の報酬改定に向けて

ひびき
 息子に伴奏してもらい頑張ります

新連載 くらしを支える福祉の制度 第3回
 知的障害のある人の住まい その1

ことばの浜辺
 瞬間的な出会いの中で

中央の動き
 障害福祉サービス等報酬改定議論が始まっています

ニュースの時間

ちいきのいいもの 第15回
 フェイスシールド

等、他

  ←「手をつなぐ」2020年8号の特集は
 一人ひとりの、ジャンプ! です。

・思い切って、やってみました!

・キャリアにはアップもダウンもない

・特例子会社KDDIチャレンジドの取り組みについて

・チャレンジのために環境を整えることの必要性

・子どもの挑戦、親の思い

・知的生涯のある人のキャリアアップを考える考える


今月の問題
 津久井やまゆり園問題、強制不妊問題について

ひびき
 誰もが当事者意識を持ってつながれる世の中になればいい

くらしを支える福祉の制度 第2回

 障害福祉サービスと自己決定の重要性

ことばの浜辺
 「あいだ」の味わい

中央の動き
 障害保健福祉主管課長会議(令和2年3月)について

ニュースの時間

等、他
  ←「手をつなぐ」2020年7月号の特集は
差別解消法でどう変わった? です。

・障害者差別解消法で変わったこと、教えてください

・あらためて知りたい差別解消法のあれこれ

・医療に関する情報提供と「合理的配慮」

・市町村と連携しながら解決を図る

・広島市障害者差別解消推進条例ができるまで

・関心ありますか?私は言いつづけます。

今月の問題
 新型コロナに関する全育連の提言・要望

ひびき
 子どもたちのエネルギーを共に生きる社会に向かうきっかけに

新連載 くらしを支える福祉の制度 第1回
 みなさんと一緒に、つくっていきます。

ことばの浜辺
 友人におくった言葉

あなたの街の育成会
 創立60周年で「家族のかたち」写真展を開催


等、他

  ←「手をつなぐ」2020年6号の特集は
 新型コロナウイルス、その影響 です。

・新型コロナウイルスを知ろう!気をつけよう!

・気をつけよう!みなさんの不安に弁護士が答えます 
 新型コロナウイルス関係トラブル

・コロナ禍に直面して
 
本人・家族・支援者の現状報告

・全国手をつなぐ育成会連合会の取り組み

ひびき
 その人の存在が音楽になる場を

今月の問題
 グループホームの家賃補助引き上げを

どうする?どうなる?地位生活支援拠点 第3回
 地域生活支援拠点整備を成功させるためのゴクイ

ことばの浜辺
 過去に学ぶこと

ニュースの時間

心の声、アートのかたち

 国保幸広


等、他
  ←「手をつなぐ」2020年5月号の特集は
どう考える?意思決定支援 です。

「手をつなぐ」編集委員座談会
 本人の意思は「ゆるいチーム」で支えてほしい
・さまざまな取り組み、それぞれの思い
 一人ひとりが主体の場をつくる
 「自分で決める」ために家族ができること
 言葉では表せない意思を探る
 互いに思いあうことによる意思決定支援
・複数の選択肢を得点にして選ぶ
・支援付き意思決定の権利保障とその法的効果
・意思決定支援、問われてるいるのは誰?

育成会からのお知らせ
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて・・・久保会長
 2020年度における全育連主催大会等の開催について
 

ひびき
 日常にこそドラマがあり深堀りする中に見えてくるものがある

今月の問題
 新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて

けんりって何?
 「かしこくつかおう!年金と成年後見」

どうする?どうなる?地位生活支援拠点 第2回
 
地域生活支援拠点の整備手法

ことばの浜辺
 善良で暴力的なことば

中央の動き
 障害児入所施設のあり方に関する方向性が示されました

みんなで応援しよう! 東京2020パラリンピック 第10回
 思いがつまった、スペシャルなメダル!

等、他

   ←「手をつなぐ」2020年4号の特集は
 今日、何を です。

・私のファッション、わたしのこだわり
・まわりを見ながら、着る服を選ぶ
・親として感じる子供の成長と変化
・スタイリングマップを使った取り組み
・ファッションから生まれるコミュニケーション

ひびき
 音楽人の「特異」を「得意」に変えてくれた

今月の問題
 津久井やまゆり園事件の判決に寄せて

けんりって何?
 読書を楽しむために、もっと公共図書館を利用しよう!

どうする?どうなる?地位生活支援拠点 第1回
 地域生活支援拠点とは?

ことばの浜辺
 生に向き合う

読者投稿

世界の動き
 ネパールに行ってみて

みんなで応援しよう! 東京2020パラリンピック 第9回
 東京パラを、「フルーツポインチ社会」のきっかけに

等、他
  ←「手をつなぐ」2020年3月号の特集は
大規模災害そのとき、なにが です。

・災害に、直面して
 2018年 北海道 胆振東部地震 仲間同士で支えあって乗り切った
 2018年 岡山 西日本豪雨災害 地域の大切さを教えてくれた二人の死
 2019年 東京 台風19号 地域の避難拠点として
 2018年 広島 西日本豪雨災害 変わってしまった町の姿に
 2019年 福島 台風19号・21号 2回もの水害におそわれて
・熊本市「福祉子ども避難所」の取り組み
・在宅避難で生き抜くために 自宅で避難生活に役立つアドバイス

ひびき
 どんな障害があったとしても外に出て、自分の人生を楽しんでほしい

今月の問題
 障害のある人の生涯学習「学びたい」というニーズを示そう

ことばの浜辺
 命に触れるということ

又村あおいの障害福祉よろず相談室[最終回]
 障害者権利条約とは(その3)

権利って何?)
 「啓発キャラバン隊」研修会in福岡を開催しました

世界の動き
 アジア知的障害会議に参加して

2019年度 総目次

等、他

   ←「手をつなぐ」2020年2月号の特集は
 全国大会 熊本大会 です。

・「第1分科会 育つ・学ぶ」 つながるを大切に
・「第2分科会 働く」 生涯学習と多用な働き方
・「第3分科会 暮らす」 暮らしを支える仕組み
・「第4分科会 権利擁護」 検証!本人の尊厳
・「第5分科会 地域育成会の活性化」 育成会活動の活性化
本人大会
 ・「第1分科会 はたらく」 制度のことが勉強になった
 ・「第2分科会 くらし」 悩みや不安をみんなで話す
 ・「第3分科会 トークディスカッション」 フリートークに参加して
 ・「第4分科会 あなたもわたしも千両役者」 みんなが輝いた八千代座発表
・思い出観光
・記念講演 小山薫堂さん
・大会総括
・大会決議
・本人大会決議

今月の問題
 成人年齢の引き下げと障害基礎年金受給

ひびき
 他の人とは別のやり方で、やりたいことをやればいい

ことばの浜辺
 「優しさ」のカタチ

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その51]
 障害者権利条約とは(その2)

世界の動き
 韓国・第34回全国知的発達障害者統営市福祉大会に参加して

みんなで応援しよう! 東京2020パラリンピック 第7回
 パラスポーツから、みんなのスポーツへ!~ボッチャ

等、他
  ←「手をつなぐ」2020年1月号の特集は
パラリンピックムーブメント参加しよう! です。

・パラリンピック それぞれの思い
 誰でもやりたいスポーツにチャレンジできるように
 聖火ランナーとして大会を感じたい
 いつか大会の正式種目に
 世界記録樹立。その先に見すえる「東京」
 パラリンピックにボウリングがあればいいのに
・大きな舞台を未来につなげよう
・障害者スポーツの振興とパラリンピックムーブメント
・人と人のつながりから生まれる競技の魅力
・みんなが混ざりあい、枠組みを変える

今月の問題
 マイナンバーカードが受け取れない?

ひびき
 「だってしょうがないじゃない」は次へ進むステップ

ことばの浜辺
 ケアする人の「わたし」

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その50]
 障害者権利条約とは(その1)

しっておきたいお金のこと(最終回)
 一番大切なものは・・・

世界の動き
 タイ「アジアにおける障害者の芸術活動」開催


等、他

   ←「手をつなぐ」2019年12月号の特集は
 地域とつながるアート です。

各地にひろがるアートとつながる場
 気軽に表現にふれあえる場所として
 芝居づくりを通して、互いの大切さを実感
 「きになる」を軸に考える作品展「きになる↔ひょうげん」
 地域の人とつくる「自分の言葉」探しの場 リベルテアーツカレッジの実践
 街なかでさまざまな表現に出会う
 自由な表現活動を通して、人と人をつなぐ
 あなたとわたしの関係を開く
・「ために」ではなく、「ともに」を考える 地域とアートの豊かな関係
・障害のある人のアートをめぐる最近の動向
・一人ひとりを変える「謎の力」クリエイテイブサポートレッツに加わって
・芸術と地域の人々との出会いの場

今月の問題
 潜在的なニーズをもつ家庭にもショートステイを

ひびき
 俳句でみんなと手をつなごう

ことばの浜辺
 大きな選択の先にあるもの

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その49]
 欠格条項がなくなると聞いたのですが・・・?

しっておきたいお金のこと(第19回)
 本人の預金や収入と障害基礎年金の関係

世界の動き
 イギリスの本人を訪ねて


等、他
  ←「手をつなぐ」2019年11月号の特集は
 知ってほしいキャラバン隊のこと です。

・地域生活に欠かせない障害理解を育むために
・全国家畜で活躍中!みんなで進めるキャラバン隊
 鳥取県倉敷市 あかり隊
 山形県 花笠ホープ隊
 北海道札幌市 Term
 静岡県浜松市 浜松キャラバン隊
 長崎県長崎市 長崎よかよか隊
・優しさを広げよう! 「キャラバン隊」活動の草分けとして
・学校での取り組みの重要性 子どもたちの「土台」をつくるために
・親の会として一歩踏み出す為に キャラバン隊立ち上げまでの道のり
・啓発キャラバン隊を立ち上げるには?「ぴ~す&ピース」の実践から
・心のバリアフリーは私たちにまかせて! 育成会活動とキャラバン隊」

今月の問題
 成年後見制度をつかう人も仕事や資格にチャレンジできるように

ひびき
 苦労を笑いに変えて前向きに生きる

ことばの浜辺
 寂しさを見つめて

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その48]
 共生社会、地域共生社会とは?

しっておきたいお金のこと(第18回)
 成年後見制度はどこまで待てるか

けんりって何?
 旧優生保護法による優生手術を受けた方への一時金支給が始まりました

中央の動き
 障害のある人たちの文化芸術を発信するために


等、他

   ←「手をつなぐ」2019年10月号の特集は
 母親に「完璧」を求めないで です。

理解のない言葉、責任の押し付け・・・こんな経験ありませんか?

抱え込むのではなく「完璧であること」をやめるまで
 
経験談1 完璧なお母さんになりたかった私
 経験談2 母親一人で抱えない、みんなで育てる
 経験談3 孤独から抜け出せなかった子育て
 経験談4 「あんたが仕事ばするけん・・・」

米イリノイ州における障がい児の家族支援
・ケアする人が支えを得られる社会へ
・「母性」という名の幻想
・親を追い詰める「悪意のない正論」とどう向き合うか
・気づかせてくれた言葉、支えてくれた言葉
・母親に自己犠牲を求めない社会へ

今月の問題
 統計を分析し、効果的な虐待防止策を

ひびき
 ケニアの隣人を愛する

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その47]
 障害者基礎年金の額が増えるのですか?

しっておきたいお金のこと(第17回)
 日常生活自立支援事業 

[新連載] ことばの浜辺
 遠回りして上がった坂道

中央の動き
 文部科学省、特別支援教育関係予算編成等についての要望

等、他
  ←「手をつなぐ」2019年9月号の特集は
 高齢期を自分らしく です。

・それぞれの暮らしを
 アートで世界に発信
 医療サービスを使う暮らし
 <コラム01>訪問看護の活用でそれまでの生活を続ける
 認知症対応症フループホームでの暮らし
 <コラム02>障害福祉サービスと介護保険制度との関係
 共生型ディサービス 自然な関係の中で見つける自分の居場所
 <コラム03>共生型の課題

・相談支援専門員とケアマネジャー連携と必要性
・ダウン症・知的障害のある人の認知症について
・歳を重ねても自分の思いを大切に生きること


今月の問題
 障害のある人の雇用「水増し」問題と就労支援

ひびき
 デザインで、福祉とあそぶ

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その46]
 福祉用具について(その4)・治療用補装具制度

しっておきたいお金のこと(第16回)
 成年後見制度⑥ 任意後見制度の活用法 

中央の動き
 厚生労働省、障害福祉関連予算・総合支援法等についての要望(その2)


等、他

   ←「手をつなぐ」2019年8月号の特集は
 進路選択”のいま です。

卒業後の生き方を多様に

私の進路選択をふりかえる
 
友達が支えてくれた私の成長
 仕事も生活も新しいチャレンジへ
 大好きなダンスを仕事に
 つらいこともあったけど
 大切な部分をもち続けて
主体性に根ざした進路指導
 「自分で決める!」職業学科の進路指導
 主体性を育て、自己選択、自己決定のある進路指導
・相談支援と連携を考える
 
在学中からの相談支援とのつながり~学校の立場から~
 相談支援専門員が生徒の進路に関わるとき~相談支援事業所の立場から~

今月の問題
 「働き方改革」だけでは足りない 深刻な人材不足を解消する施策を

ひびき
 少女たちが性的に商品化され、消費される日本社会に立ち向かう

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その45]
 福祉用具について(その3)・日常生活用具制度制度

しっておきたいお金のこと(第15回)
 成年後見制度⑤ 法人後見とは 

あなたの街の育成会
 「同じ立場の相談室」による相談支援の取り組みから 

中央の動き
 厚生労働省、障害福祉関連予算・総合支援法等についての要望(その1)


等、他
  ←「手をつなぐ」2019年7月号の特集は
 住まいの支援を幅広く です。

・暮らしの選択肢を広げよう
・居住支援法人の取り組み 障害福祉から居住支援
・相談支援専門員としての居住支援
・知的障害のある人のケア付きひとり暮らしに向けての取り組み Transit Yard
・不動産後見アドバイザーとは
・住まいに対する親の思い 選択肢はもっと必要!



今月の問題
 成年後見制度の行く末は大丈夫か

ひびき
 どんな人も自分らしさをあきらめないですむ世界を目指して

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その44]
 福祉用具について(その2)・補装具制度

しっておきたいお金のこと(第14回)
 成年後見制度④ 成年後見制度利用の決断は? 

中央の動き
 被後見人の欠格条項削除へ


等、他

   ←「手をつなぐ」2019年6月号の特集は
 わたしたちの”思い”から
     
商品が生まれる です。
モノ ☓ 人 episode
episode1 [東京]八王子生活感「ぱた」 
          全員の個性が誰かの生活を彩る雑貨に

episode2 [福島]NPO法人しんせい
          つながりからはじまる ひろがる「ものづくり」 
episode3 [広島]社会福祉法人 交響
          再生して、あらたな価値を創造する
episode4 [宮城]多夢多夢舎中山工房
          結びつけたらおもしろいことが起こる!!


障害のある方々が作る雑貨専門のセレクトショップ「マジェルカ」
成宮咲来さんの「さくらハート」から学ぶ
・商品プロデュースの6ステップ
いいものカタログ2019
 楽しくて、おいしくて、すてきな14品のミニストーリー

今月の問題
 潜在的可能性と命の価値をどう考えるか

ひびき
 スポーツが可能性を引き出す

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その43]
 福祉用具について(その1)

しっておきたいお金のこと(第13回)
 成年後見制度③ 後見人の不正を防ぐ仕組み 

中央の動き
 旧優生保護法・強制的不妊手術に対する一時金支払い制度が始まります


等、他
  ←「手をつなぐ」2019年5月号の特集は
 全国大会京都大会 です。

[Aコース 教育・療育] つなぎたい!これからの教育と地域福祉
[Bコース はたらく] みんなか笑顔で”はたらく”ために
[Cコース 高齢期] 高齢になったらどうなるの?どんな準備がいるの?
[Dコース 暮らし] みつけよう、はじめよう、目分らしい暮らしを!!
[Eコース 権利擁護] 知的障害者の理解促進と権利擁護
[Fコース 障害児者のきょうだい]
       本人の想い・親の想い・きょうだいの想い・きょうだいの会


本人大会
 [第1分科会] はたらくトーク
 [第2分科会] 生き方トーク
 [第3分科会] ぶちゃけトーク
 [第4分科会] 手作りワークショップ
 [第5分科会] 音楽・踊ろう

本人大会参加者インタビュー
・思い出観光
・韓国・台湾の”みなさん”をお迎えして
・きたやまおさむさんの記念講演
・大会総括挨拶
・大会決議
・本人大会決議

ひびき
 じぶんのままで、自由になろう

今月の問題
 強制不妊手術の救済法とその課題


等、他

  ←「手をつなぐ」2019年4月号の特集は
  障害者施策の
   
平成時代を振り返るです。

・知的・発達障害のある人にとっての「平成」年表
子どもの支援 インクルーシブなよりよい養育環境づくリヘ
教 育  進路指導から見る知的障書のある人への教育の方向性
生活の場 地域での安心で自由な生活環境を支える体制へ
働 く  就労支援の充実で「はたらく」知的障害者が増加
権利擁護 福祉サービスの拡充と権利擁護の土台づくり
本人の主体性 保護と管理から主体性の尊重へ
                   求められる支援者側の変化
・育成会の活動から振り返る『平成』30年の歩み

今月の問題
 卒業進路の選択肢を豊かに

ひびき
 一人ひとりにできること

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その42]
 幼稚園・保育所・こども円の加配ってなんですか?

しっておきたいお金のこと(第12回)
 成年後見制度② 後見人はなにをする人か

世界の動き
 国際育成会連盟アジア太平洋地区ミーティング
          「Having a Say Conference」の報告

中央の動き
 育成会フォーラム開催 高齢化や地域資源の整備を考える


等、他

  ←「手をつなぐ」2019年3月号の特集は
 災害時に必要な支援  です。

・そのとき何か必要だったか
 安否確認の重要性<家族の立場から>
  「何に困っているか」を聞いてくれること

 知的・発達障害のある人にとっての安心とは
                 <後方支援経験者の立場から>

  避難生活の心の安定に必要不可欠なものへの理解を

 災害時だから福祉施設ができること<施設運営者から>
  地震による停電の中で、停電の後で、親子をサポートする

 生活環境|に配慮する大切さ<相談支援専門員から>
  環境の変化を少しでも和らげるためにできる工夫を

・災害時のニ-ズ
 相談支援 熊本地震の経験から

 地域連携 親の会としてできること

 福祉避難所 自分の地域を改めて確認しよう

 受援力 支援を求める力をエンパワーする

・知的障害・発達障害のある人たちと
          その家族にとっての災害支援の今とこれから


ひびき
 弁護士として、発達障害当事者として

今月の問題
 障害児入所施設でも小規模・家庭的環境の実現を

しっておきたいお金のこと(第11回)
 成年後見制度① 制度の目的と理念

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その41]
 通院等介助つてどういうサービスですか?

中央の動き
 第24回アジア知的障害会議(ネパール)へのお誘い


等、他

   ←「手をつなぐ」2019年2月号の特集は
  お父さん出番ですよ!です。

・お父さんの役創は、大きいです!
・ぼくと子ども 日々のかかわり 
・座岐会 父親として、ぽくらは…。
・みんなにとってのお父さん ~地域で、施設で~
・わたしから、ぼくから、お父さんへのメッセージ

今月の問題
 障害基礎年金に加算給付を

ひびき
 知的障害のみなさんに必要な本を届けたい

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その40]
 障害のある人の外出付添いサービス

しっておきたいお金のこと(第10回)
 iDeCoの活用法


けんりって何?
 「意志決定支援を考えよう」
       第7回全国育成会権利擁護セミナー(ln千葉)報告

世界の動き
 英国の知的障害者と
   その家族のための団体「メンキャップ(Mencap)』を訪ねて

中央の動き
 |日優生保護法、強制不妊手術の問題について


等、他

   ←「手をつなぐ」2019年1月号の特集は
 医療機関とどうつきあう?  です。

・医療機関を利用するとき
 どんなことに困つていますか? どんなふうに対処していますか?
 [待ち時間] [受診への不安] [検査への不安]
 [注射] [通院] [医療者とのコミュニケーション]

・医療・看護・支援の専門家から
 医療ケアの必要な障害のある人とそ家族に寄り添う相談支援
 障がいのある人もあたりまえに安心して受診できるために
 知的障害を伴う自閉症者の健康問題を考える

・知的障害者の受診を支援する制度


今月の問題
 『手をつなぐ』からの年賀状2019

ひびき
 すべての子どもに『きみはいい子』と伝えたい

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その39]
 新型福祉定期のことを教えて!

しっておきたいお金のこと(第10回)
 障害者扶養共済制度

旧優生保護法・強制的不妊手術に対する検証会の報告書から

中央の動き
 内閣府・障害者週間連続セミナー「命」について考えるシンポジウム

ニュースのじかん


等、他

   ←「手をつなぐ」2018年12月号の特集は
 「親なき後」に子どもが行きてくために  
  お金をどう残す? です。

・子どもにお金を残すには?
・どうやって残す・管理する? 知っておきたいお金の制度
 信託
 成年後見制度
 障害者扶養共済制度
 日常生活自立支援事業
 イデコ
・遺言書作成のコツ
・教えてお金のO&A 

今月の問題
 障害者権利粂約の国連審査へ関心を寄せよう

ひびき
 「世の中は意外と優しい」だから甘えてもいい 

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その38]
 「障害者マル優」ってなんですか?

けんりって何?
 「にじいろのくらし」をみんなで考えよう! 

中央の動き
 消費税増税による来年10月の報酬改定に向けて意見書提出

中央の動き
 国際育成会連盟の本人活動についての報告


等、他

   ←「手をつなぐ」2018年11月号の特集は
 ひとりで悩まないで  です。

・読者の悩みに先輩保護書が答える
 あたらしいチャレンジに無理はつきもの?
 家以外ではトイレに行けない
 父親の参加を促すには?
 妻の子育てについていけない
 何度も何度も謝って
 支援級? それと普通級?
 性的な関心?
 療育手帳は必要?
・浜松市・先輩と話す「座談会」
・「なんとかなる」を支えるために
・地域の若い保護者の心によりそう支援を


今月の問題
 ”選ばれる職場づくり”のために改革を 
     国・自治体の障害者雇用「水増し」問題

ひびき
 コミュニティハウスひとのまでのさまざまな人との出会い

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その37]
 特別支援学校教諭免許ってなんですか?

しっておきたいお金のこと(第8回)
 障害者の家族に役立つ信託

中央の動き
 特別支援教育関係予算概算要求、学卒後の学びに関する有識者会議

世界の動き

 中国育成会の研修旅行をサポート

ニュースのじかん


等、他

   ←「手をつなぐ」2018年10月号の特集は
 我が事・丸ごとの地づくり  です。

・障害のある人と地霞をつなぐ取り組み
 畜産へJしパー事業
 メンター制度
 お墓参り代行サービス
 移移動商店
・就労継続支援「C型」を提案します
・世代や属性を超えたつなかりづくり
・「我が事・丸ごと」は知的障害のある人にも役に立つ?
・豊島区におけるコミュニティソーシャルワーク実践
・福祉サービスの拡大では解決できないこと
 

今月の問題
 災害対応にサービス等利用計画の活用を

ひびき
 “楽しさ”が壁をぷち破る

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その36]
 地域生活支援拠点って何ですか?(その2)

おなやみ相談室
 小学1年生の子どもが白いごはんとヨーグルトしか食べないけど、
    どうしたらいい?

しっておきたいお金のこと(第7回)
 信託の仕組みを簡単に使えるものはある?

中央の動き
 トレーナーとしてリオパラリンピックに参加して


等、他

   ←「手をつなぐ」2018年9月号の特集は
 私とスポーツさせ  です。

・からだを使っていきいきと
・毎日できる運動で体を動かす楽しみを
・スポーツを楽しむ機会を増やすために
・パラリンピックを目指すアスリートからのメッセージ
・もっとスポーツに親しめるように


今月の問題
 新型出生前検査実施期間の要件緩和への懸念

ひびき
 アートと福祉を架橋する

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その35]
 地域生活支援鵬点って何ですか?(その1)

しっておきたいお金のこと(第6回)
 信託 その① 家族信託の使い方

中央の動き
 2019年度関連予算等への要望活動②

世界の動き

 バーミンガムで侈じた新たな潮流 
    第17回国際育成会連盟 世界会議レポート

等、他

   ←「手をつなぐ」2018年8月号の特集は
 ひとりにさせない
 
社会的孤立問題を考える  です。

・あの日の選択 下関駅放火事件が問うたこと
・繰り返される罪の背景にあるもの
知的障害のある人と累犯の問題を考えるには
つながることが支えになる 孤立を防ぐための取り組み
 [卒後の学び] 社会人として豊かなコミュニケーションを身につけるために
 [ひきこもり支援]カフェでつながる、支え合う
 [卜ラブルシューター]地域型TSネットワークをつくろう
 [就労サロン]気軽に相談できる場を
・孤独だった過去をふりかえって
性風俗で働く女性への支援
・共生とは、断らないということ

今月の問題
 職場定着を広げていくために 就労定着支援の運用課題解決を

ひびき
 カプカプーズ「ネタの蓄積力」 その秘訣

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その34]
 新しいグループホームの種類ができたのですか?

おなやみ相談室
 夏休み明け、学校に行きたくない子どもにどう対応する?

しっておきたいお金のこと(第5回)
 遺言執行者を指定しましょう

中央の動き
 2019年度関連予算等への要望活動①


等、他

   ←「手をつなぐ」2018年7月号の特集は
 魅力ある発信をしよう です。

 記事「会報ビフォー&アフター」にて、岐阜県県育成会の
 会報「椎の実」が取り上げられています


・会報ビフォー&アフター
 香芝市手をつなぐ育成会/岐阜県手をつなぐ育成会
・私たちの発信術
 [会報]手に取ってもらえる工夫を
 [SNS]新鮮な情報を届ける
・文章・写真・デザインスキルアップ講座
 [文章]羽山慎亮
 [カメラ]貝塚純一
 [デザイン]細山田デザイン事務所
・知ってますか?著作権
 

今月の問題
 津久井やまゆり園における意思訣定支援のいま

ひびき
 「てへぺろ」の輪を広げる、注文をまちかえる料理

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その33]
 障害者扶養共済制度って何ですか?

あなたの街の育成会
 広島県手をつなぐ育成会
 知恵と思いが詰まった
      「知的・発達障害のある子どもを育てるQ&A」

しっておきたいお金のこと「第4回」
 障害のある子だけ相続額を多くしても大丈夫?

中央の動き
 障害者文化芸術活動推進法が成立

枝元なほみのしもわせごはん いち、にっ、さん
 炊飯器で炊き込みピラフ

等、他

   ←「手をつなぐ」2018年6月号の特集は
 親なき後にいくらかかるの?  です。

家計を分けて計算してみよう
のこすお金があってもなくても
 複数の支暖で生活を組み立てる
 本人の利益のために制度を活用
『親なき後』のお金の管理に使える制度と仕組み
親なき後に備える『サバイバルプラン』とは
楽しく安心して尋らし続けるために

今月の問題
 旧優生保護法・不妊手術と「手をつなぐ」

ひびき
 テクノロジーは人間をより人間らしくする

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その32]
 入院の付き添いにヘルパーのサービスは使えますか?

しっておきたいお金のこと(第3回)
 障害のある子にお金を多く残すにはどうすればいい?

中央の動き
 成年後見制度・欠格条項見直しの要望活動

世界の動き
 「2017ジャパンxナントプロジェクト」リポート

等、他

   ←「手をつなぐ」2018年5月号の特集は
 ITで変わる暮らし です。

 ITにまつわるあれこれ
 ・これからの社会で生きるために考えたい3つのこと
 ・知ってますか?暮らしに広がるIT
 ・ICTを活用した知的障害特別支援学校の授業実践
 ・SNSのリスクを学ぶ
 ・インターネット消費者被害を防ぐために
 ・知的障害かある人にとってのメディアとは?
 ・『わかりやすさ』とは? IT蒔代のコミュニケーションと本質
 

今月の問題
 報酬改足をサービスの充実につなげよう

ひびき
 卓球をすべての子どもの懸け橋に

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その31]
 居宅訪問型児童発達支援事業ってなに?

[新連載]しっておきたいお金のこと(第2回)
 お金に関わる制度や仕組みって?

中央の動き
 アジア会議とアジアの知的障害者福祉から

枝元なほみのしもわせごはん いち、にっ、さん
 初夏にぴったり冷しゃぷを食べよう

等、他

   ←「手をつなぐ」2018年4月号の特集は
 法改正でなにがどうかわる? です。

総合支援法・児童福祉法改正の4つのポイント
【自立生活援助]適切な距離とタイミングで生活を支える
【就労定着支援】『働き続ける』を支えるために
【日中サービス支援型GH】障富が重くてもグループホームで
【高齢化対応と共生型】多様化するニーズに応えるため
【医療的ケア児】この春の改訂等のポイント
【保育所等訪問支援】整備の遅れにどう対応した?

今月の問題
 相談支援の重要性をあらためて考える

ひびき
 私たちのかたち

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その30]
 障害者総合支援法・児童福祉法の改正(その5)

『新連載』しっておきたいお金のこと(第1回)
 子どものために、お金はいくら残せばいい?

中央の動き
 『学校卒業後における障害者の学びの推進に関する有識者会議』の開催

世界の動き
 分かりやすい政治情報充実への連携(ドイツ)

等、他

   ←「手をつなぐ」2018年3月号の特集は
 大変なときをのりこえて です。

 ピンチにどう向き合う?
  人とのつながりに支えられた
  生活のリズムを整えて
  洋服を翁て外出を
  経験の積み重ねか自信に
  周囲の助けで前を向けた
  親の介護でいっしょに過ごせなくなった
  「失取してもいいやん」
 知っておきたい!家族の緊急時に便えるサービス
 体験してみて気づくこと『ぢうちでできるお膳立て』の取り組み
 クライシスプランと地域生活支援拠点
 ピンチをキャッチできる存在に

今月の問題
 入所施設の建て替えを考える 「本人の意思」を中心においた視点の必要性

ひびき
 夢は何度諦めてもよい

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その29]
 障害者総合支援法・児童福祉法の改正(その4)

ここるとからだをしなやかに[最終回]
 これまでをふりかえって 本郷メンタルサポートさぷる

けんりって何?
 第6回全国育成会権利擁護セミナー(in広島)報告
 障害者の権利擁護を地域の活動につなげよう

中央の動き
 平成ヨ0年度障害福祉サービス報酬改定

等、他

  ←「手をつなぐ」2018年2月号の特集は
 地域とつながる学校のいま です。

よりよい学校生活を送るために大切な3つの連携
ひろがる学校との連携
  [相談支援]チーム支援が当たり前になる地域に
  [相談支援]子どもを中心に関係機関がつながる
  [放課後デイサービス]積極的に顔を合わせることの大切さ
  [市民講師]職業人として生徒と向き合う
  [相談の場]NPOと連携したィンクルーシブな高校づくり
学校と地域の連携を進めるには
  札幌市「取育と福祉と医療の直携に関するプロジェクトチーム」の取り組みから
  学校と外部機関の運携 特別支援取育コーディネーターの役割と重要性
学校は、どう変わった?教育・家族・支援者の立場から
  [教育]地域の申で自分をみつけること
  [家族]形は変わっても思いは変わらない
  [支暖者]相談支暖が入ってより緊密に
子どもたちを真ん申においた連携

今月の問題
 就労支援の理念に立ち返ろう

ひびき
 アートで世界の〈見方〉を変えよう

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その28]
 障害者総合支援法・児童福祉法の改正(その3)

ここるとからだをしなやかに[第10回]
 眠りのためのリラックス 本郷メンタルサポートさぷる

中央の動き
 平成30年度障害社祉サービス冑報酬改定のポイント

等、他

   ←「手をつなぐ」2018年1月号の特集は
 自分にハイタッチ!  自己肯定感の大切さ です。

こんなとき自分にハイタッチ 
自己肯定感・自尊感情はなぜ重要か? 藤井 靖
私たちの、原動力
家族支援プロジェクトが伝えるもの 渋川彰子
伴走者としての支援のあり方を考える 本田隆光
分かりやすく伝え、自立的に行動できること 妹尾 貢
自分のレールを自分で敷いていくために 白鳥基裕

今月の問題
 障害基礎年金の認定審査基準は適正か

ひびき
 あしおとでつなぐ おどどるなつこ

又村あおいの障害福祉よろず相談室[その27]
 障害者総合支援法・児童福祉法の改正(その2)

ここるとからだをしなやかに[第8回]
 首をゆるめる 本郷メンタルサポートさぷる

けんりって何?
 通報者への損害賠償訴訟が和解 関哉直人

中央の動き
 欠格条項削除へ180の法律見直し

等、他



機関誌「手をつなぐ」は・・・


  『手をつなぐ』は、『元気の出る情報・交流誌』として全国手をつなぐ育成会連合会が編集・発行している機関誌です。当事者(本人・家族)の諸権利を守り、全国の仲間の交流などを中心に、50年以上にわたり発行しています。「知的な障害」のある人の権利を守るということは当事者のみで解決することはできません。専門職・支援者はもとより、市民の皆さんにも仲間になっていただき、その支援によって一歩前に進むことができます。「手をつなぐ」を多くの人たちの意見と体験の交流の場にしていきたいと思います。「知的な障害」のある人々が、人として尊ばれ、地域の中で生きていくために必要な情報を、全世界・全国各地から集め、全紙面に毎月掲載します。

「手をつなぐ」の誌面は・・・

  • 「表 紙」 毎号をかざるのは本人の投稿作品です。
  • 「特 集」 医療・教育・福祉・就労などについて、専門家・親・本人の書き下ろしはもちろん、座談会・対談など形式もさまざまに工夫されています。
  • 各地・中央・世界の各 「動き」 社会の情勢が、わが子に、自分にどのように関係するか!? 文字どおりニュースと情報をお届けする誌面です。
  • 「今月の問題」 いうなれば社説です。
  • 「ひびき」 有名無名な人による評論・随筆です。

全国手をつなぐ育成会連合会が発行している月刊誌
会員(一般賛助会員)には、毎月 機関誌「手をつなぐ」をお届けします。
最新の情報は機関誌から!!
    (毎月1回1日発行 B5版48ページ 会費300円:年会費3,600円)
お申し込みは岐阜県手をつなぐ育成会事務局までご連絡ください。(連絡先はページ左側にあります)

*会員(一般賛助会員)とは、以前は「機関誌購読会員」と呼ばれていました。しかし、当局からの指導もあり、「会員であるので機関誌が配布される」という解釈のもと、「一般賛助会員」と呼ぶことになりました。


「全国手をつなぐ育成会連合会・機関紙手をつなぐ HP」
http://zen-iku.jp/publish/tsunagu へのリンク


「ぜんち共済」に加入のお勧め




 病気・ケガ・損害賠償の総合保障制度

 岐阜県手をつなぐ育成会も協賛しています。

 詳しくは全知共済ホームページをご覧ください。